普段の好き嫌いとは違う、仕事中にかける音楽

月曜日 , 6, 3月 2017 普段の好き嫌いとは違う、仕事中にかける音楽 はコメントを受け付けていません。

家にも仕事を持ち帰ってすることがありますが、その時には音楽をかけながら仕事をします。本当は職場でもそうしたいと思うのですが、職場では音楽を流すことはできないので、せめて家にいるときは好きな音楽を聴きながら仕事をしたいのです。

しかし、その時にかける音楽もちゃんと選ばないと逆に仕事の邪魔になってしまいます。私は歌を覚えるのは子供の頃から得意なほうでした。歌だと純粋に音を聞くよりも詩を聞くのが好きなのです。ですので大好きな音楽、しかもJ-POPだったりすると、ついつい口ずさんでしまって仕事に集中できなくなります(残念ながら私は洋楽を聴く趣味がないのですが、洋楽好きな人はやっぱり口ずさんでしまうものなのでしょうか?)。ということで、歌入りの音楽はあまり仕事中には私には向いていないようです。

そこで、歌がない音楽といえばクラシックかな、と思って流してみましたが、歌には邪魔されないけれどなんだか仕事がはかどりません。クラシック自体は嫌いではないのですが、どうも仕事をしながら聴くにはちょっと重すぎるのです。胃にもたれる感じとでもいいましょうか…ということでクラシックもだめです。

最後に思いついたのがイージーリスニングです。子供の頃から母親の影響でポール・モーリアなどをよく聴いていたので、イージーリスニングも好きです。いくつかCDを借りてきて、色々なアーティストを試してみます。その中でぴったりだったのが葉加瀬太郎でした。仕事の邪魔をせず、適度な心地よさとリラックス感があり、きっと何か自分と波長があうんだろうと思います。他のアーティストもかなり聴いてみましたが、普段聴くにはよくても仕事中はいまいちなのです。例えばDEPAPEPEなどは遊びに行きたくなってしまい、仕事が嫌になっていまいますし、東儀秀樹は眠くなってしまいました。

ということで、現在は仕事中は葉加瀬太郎1本やりになりました。普段の好き嫌いとはまったく別な仕事中の音楽、面白いもんだなあと思います。