プリンセスメーカー4が面白い

木曜日 , 30, 11月 2017 プリンセスメーカー4が面白い はコメントを受け付けていません。

1990年代に発売されたシミュレーションゲームの第4弾。

魔界から一人の女の子を預けられ、自分が父親となり、女の子を10歳から18歳まで育てるというゲームです。

時代のイメージとしては、中世のヨーロッパと言ったところでしょうか。

魔法が使えたり、魔界と人間界などのやり取りもあるので、ファンタジーな世界観もあります。

ゲームの流れは娘をアルバイトや習い事をさせて育てていきますが、その内容によって知能・体力・気品など10個ほどのパラメーターが変わり、エンディングに影響します。10歳の女の子をアルバイトさせるのもどうかと思いますが(汗)

18歳でエンディングで、様々な職業に就けます。

名前の通り、プリンセスになることが一番のハッピーエンドなのですが、その他にも勇者、弁護士、女王、大臣、詐欺師など、約40個くらいのエンディングが用意されており、素晴らしい職業から犯罪系まで育て方によって色々なエンディングを迎えられるのが楽しみどころです。

プリンセスも、人間界・魔界・竜などの様々な部族のプリンセスがあり、それぞれの王子様とのイベントもあるので、飽きることなく楽しめます。

花嫁系のエンディングでは、なんと父親の花嫁になることもあり!(血はつながっていないので)

また、ライバルも登場し、仲良くなったり友人エンドもあり。

舞踏会などもあり、ドレスを着るのですが、太りすぎるとドレスが着れないなんて言うアクシデントもあるので、リアルに楽しめます。

また、エンディングやイベントが発生すると、スチルや特別ストーリーがゲットできるので、集めていくのが楽しいですよ。

ちなみに、このシリーズは5まで出ており、2007年が最後の発売です。

昔はPCゲームでしたが、PSやDSなどでも発売されるようになりました。

個人的には2が一番の最高傑作で、購入したいのですが、残念ながら現在のPCやゲームソフトでは販売されていないので、購入することができません。

この4は2005年頃に発売されましたが、10年以上経った今でも問題なく楽しめるのが最大のメリットですかね。

2の復活を祈りつつ、また発売されたらやりたいですね。