『逆転裁判4』は過去シリーズにも劣らない名作!

火曜日 , 9, 8月 2016 『逆転裁判4』は過去シリーズにも劣らない名作! はコメントを受け付けていません。

ニンテンドーDSでリリースされた『逆転裁判4』は、法廷推理アドベンチャー『逆転裁判』の続編です。

もともと『逆転裁判』はゲームボーイアドバンスで1~3作目まで発売された超大人気作品。ところが『逆転裁判4』はネット上での評価が極めて低いのです。

『逆転裁判4』も、内容は1~3作目に引けを取らないほど面白い名作です。にもかかわらず不遇の評価を受けている本作について、「実はこんなに面白いんだ」というポイントを紹介したいと思います。

まず『逆転裁判4』はそれまでの3作になかった特徴的な機能が追加。ニンテンドーDSのシステムを余すことなく活用しています。

例えば「科学捜査」のシステムでは、証拠品の指紋を調べるためにDS本体に息を吹きかけるアクションがあります。またタッチペンで証拠品を回転させ、重要な発見がないか調べるなどの操作が追加されました。

キャラクターも魅力的です。それまでの主人公・成歩堂龍一からバトンタッチした弁護士の王泥喜法介は、コミカルかつ熱血漢で、感情移入しやすい。

さらに王泥喜法介のパートナーとして事件を追うマジシャン・みぬきがとにかく可愛い! 主人公の敵となる検事にはイケメンがそろっています。

ストーリーも1~3作目に勝るとも劣らないスリルに満ちた展開が繰り広げられます。

物語は全4話で構成されており、私はどのお話も手に汗握ってプレイしました。

特にオススメしたいのが最終話の第4話。それまでの3話分の伏線が一気に回収され、まるで映画を観ているような感覚で遊びました。

今では「隠れた名作」的なポジションに落ち着いてしまっている『逆転裁判4』。推理ゲームが好きな人はぜひ1~3作目と合わせてプレイしてみてください。